横浜市の有料老人ホーム選び方のコツ

有料老人ホームの選び方のコツ

このサイトの一番最初のページでも書いたように、
有料老人ホームを探すには、大まかに2つの方法があります。

 

行政機関の福祉課や高齢者係に相談する方法
◆インターネットで地域の有料老人ホームを調べる

 

最初に上げた探し方は、
直接会って相談できることで安心感はありますが、
電話を掛けたり、出向くなどのちょっとした手間や時間がかかることがデメリットでしょう。

 

また、こういった相談窓口では、住所や施設形態、料金などの文字情報だけですので、
実際の施設のイメージがつかみづらいことが多いです。

 

インターネットで調べると画像や施設のより詳しい説明なども見つかり、
雰囲気や特徴などがわかりやすいのがメリットです。こういった便利なシステムなどは、
民間の方が便利ですから、積極的に利用しましょう。

 

【横浜の老人ホーム一覧はこちらから】

 

神奈川県の老人ホーム一覧へ

 

 

実は、ご家族やご本人にぴったりの条件の有料老人ホームを見つけるには、
ちょっとしたコツが必要です。それは、

 

始めに、

 

どのような条件を有料老人ホームに求めるか。決めることです。

 

 

 

こうすることで、たくさんある施設を大きくふるいにかけるわけですね。

 

例えば、一言に介護と言っても、ほとんど自立生活できる方もいれば、
何かしらの介助が必要な方もいらっしゃいます。
また、認知症でも入れるか?とか、高齢者向け賃貸住宅でも
介護が必要になったら入居が困難な住宅と介護体制が整っているので
そのまま住み慣れた住宅に住み続けられるところもあります。

 

特に、医療サービスを必用としている人
(胃ろうや在宅酸素、たん吸引など)
は、必ず受け入れ体制を確認しておきましょう。

 

 

 

そして、ほとんどの方が条件にあげるのが、長く住み続けることのできる費用であるかどうか?です。

 

 

特別養護老人ホームに入居希望なのだけれど、空き待ちでその待っている間に
有料老人ホームやグループホームに入る人はとても多いんですね。

 

そのため、将来特別養護老人ホームに移ることを想定して、
入居金をできるだけ抑えたい方もいらっしゃるし、
その一方で、月額負担も十分にあるので有料老人ホームを終の住処とする人もいます。

 

 

今住んでいる地域の近くで探したいとか、
家族がすぐに会いに行ける範囲が良い。とかの地域の条件もあることでしょう。

 

 

このように、必要としている条件やサービスが合う施設を探すのは、大変ですが、
インターネットを利用すると、とても簡単です。

 

自宅でほんの数分の作業で今すぐに

 

横浜市の入居金が安い順、月額費用が安い順、職員配置が充実

 

などの条件で絞り込み、情報を手に入れることができます。

 

 

 

また、上の方でも触れたような、有料老人ホームの受け入れ可能な介護度や
医療サービスも明記してあるので、わかりやすいです。

 

 

文字だけの施設情報と違い、画像なども合わせてみることができるので、施設の雰囲気もわかりやすいですね。

 

 

これらの施設情報や資料請求などは、すべて無料で利用することができます。

 

神奈川県の老人ホーム一覧へ